かんなのぷくぷくほっぺ

かんなをお迎えしたのは、電車で2時間近くかかるホームセンターでした。
大切に大切に持って帰ったのを今でも覚えています。

ハムスター用品だけを見に行った東京ドーム何個分かの大きなホームセンターには、
見た事ないくらいのたくさんのハムちゃんがいました。
私がお目当てのハムスターハウスやお試し用のおやつの小袋などを見ている間、
旦那さんはたくさんのハムちゃんと戯れていました。
そんな旦那さんのところに行くと、そこに小さなかんながいました。


e0254829_11263926.jpg


たくさんのお仲間は固まって寝ているのに、かんなだけ活発に動いています。
指を差し出したら元気よく噛んできます。
小さいのに元気だなぁ~!
小さくて可愛くてお迎えしたいけど、ここから連れて帰るのはかなり遠い・・。
ごめんね、さよならね・・って心でつぶやいてる私なのに、
「お母さ~ん、お家に一緒に帰りたいな~」なんて小声でささやく旦那さん・・。
(´・ω・`) 
大切に大切に連れて帰りました。


e0254829_11364360.jpg

お迎えした日から物怖じすることなく手に乗ってきて、
ご飯もいっぱい食べておっきなフンをして、本当に元気の塊のような子でした。
お野菜が大好きで、タンポポの葉っぱが大好きで、チーズや煮干しは嫌い。
ひまわりの種と乾燥バナナが大好きで、ゼリーはあまり好きじゃない。
食の好みがはっきり分かる子でした。
生後半年過ぎても体重が25㌘くらいしかなく、小柄な子でしたが、
新品ルーミィを齧って穴を開け、
水槽にお引越しさせたら給水機によじ登って脱走を狙う。
いつもハラハラさせられて、でもその活発ぶりがとても嬉しくて楽しかった(*'▽')

2月4日、そんなかんなが突然亡くなりました。

前夜もしっかりお野菜食べて、ペレットも食べて、おやつの乾燥バナナも食べてました。
最近少し毛並みが悪いなぁ・・と見ていたんですが、体重の増減もなく、
しこりもなくお尻もきれいで、お耳もピンとしていました。
フンもしっかりしたものをしていました。
ですが毛並みが悪いというのは、やっぱり体調が悪かったサインだったのですよね。
自分の予定に追われ、気になっていたのにも関わらず油断した私の責任です。
かんなが亡くなったことが信じられず、認められませんでした。
毛並み以外何も変わりないかんなの姿に安心してはいけなかった。
この小さな生き物は非常に弱く、それ故に苦しいところがあっても隠します。
でもやっぱり小さなサインはちゃん出してくれているのですよね。
油断してはいけない・・見落としてはいけない。
後悔しか残っていません。


e0254829_11382011.jpg


いつもほっぺをふくらませて、美味しそうに食べる子でした。
とにかくお野菜が大好きで、お野菜ならなんでも食べていました。
お迎えしてから噛まれたことが一度もありませんでした。
目の病気にすらなったことがなく、結局一度も病院に行きませんでした。



e0254829_13334892.jpg


100均で買った靴下をかぶせたハウスがお気に入りで、
最近はそこでばかり寝ていました。
そしてそのお気に入りの寝床でかんなは眠ってるように亡くなっていました。


かんなちゃん、かんなちゃん、お母さん寂しいよ。
やっとかんなちゃんが居なくなったこと、事実として認めて受け入れたけど、
そしたらとんでもなく悲しくって辛いです。
もっとお世話したかった!
もっと一緒にいたかった!
どこが痛かったの?どこが苦しかったの?
気が付いてあげれなくて本当にごめんね。
お母さんは、かんなはきっと3年近く一緒にいてくれるって信じてた。
でも1年と5ヶ月しか一緒にいられなかった・・。
かんながほっぺをぷくぷくさせながら食べる姿が大好きでした。

朝、出勤するときに見たかんなは、このハウスでお顔出して寝てましたね。
いつもと全く変わりのない姿でした。
最後まで元気な姿を見せてくれて本当にありがとう!






[PR]
# by monami-n | 2016-02-09 14:32 | ハムスター

ちろる 1歳8ヵ月

今年ももう2月。
1月は足早に過ぎて行きました(^-^;
振り返れば1月は体調が良くなく、数年ぶりにパート出勤をお休みしました。
休日にも何かしら予定が入ってしまったり、
一年振りに大阪の実家に帰ったりと、
blogを書こうという気持ちの余裕もあまりなかったひと月でした。

そんな1月の中旬頃。
1月13日で1歳と8ヵ月を迎えたちろるですが、
食欲も落ちて体重も減り、以前に比べておしっこもあまりしなくなっていました。
お野菜はしっかり完食しているのですが、ペレットや穀類をあまり食べていません。
「食べたくないの?」と、手でペレットを渡すとバクバク食べます。

ある日、ちろるを散歩に出したら、うまく歩けないようでした。
クッションの上や布団の上に置いても、その場から動こうとしません。
1歳8ヵ月のちろるは、人間でいうと60歳になります。
初老に入り、ここ数か月はほとんど寝てばかり。
上手く歩けない・動けない原因が老化ならば、
これはハムスターに限らず人間だって同様に致し方ない事なのですが、
もし何かの病気だったら・・・💦
手足の付け根やお腹周りを、いつもよりも念入りに触ってみましたが、
しこりのようなものはなく、ただ手足が浮腫んでるというか腫れてるように見えます。
心配になり病院に行こうと決めた朝見たら、昨夜よりも赤く腫れてます。


e0254829_18462068.jpg


写真はお薬飲ませて数日した頃なので、少し赤みも引いていますね。

獣医さんがおっしゃるには、末梢神経系の異常で原因は不明という診断でした。
片足だけ片手だけなら骨折や捻挫の可能性もありますが、ちろるの腫れは両手足です。
腎不全だと体重減少に加えて体の浮腫み、でも尿量が増えるそうなのでこれも違う。
お水は小さな頃からよく飲む子だったのですが、最近はあまり飲んでないようですと話したら、
足の具合が悪くなって移動しずらかったからだろうと言われました。
しばらくはいろいろケアしてあげてくださいと言われました。
お薬が出ました。
ただ以前よりも鼓動が早く、それがすごく気になって・・・。
いろいろ不安で、別の病院にも行っていようかと思いましたが、
今のところ薬が効いてるのか手足の腫れは引いていますし、
歩き方も随分と良くなってきて、お布団の上に置いたらゆっくりですが、
あちらこちらにとトコトコと歩きます。
病院に行く前は全く動かなかったことを考えれば良くなってきてるのかな・・。
今月また診察があるので、先生に心臓の事をしっかり聞いてみるつもりです。



e0254829_18110217.jpg

桜が咲いたら、ちろるも2歳です。
できる治療できない治療があるでしょうけれど、
その時その時、最善を尽くしてあげれれば・・と思っています。









[PR]
# by monami-n | 2016-02-06 00:32 | ハムスター

あたらしいおやつ

我が家はcharmさんで、ハムスター用品を購入することが多いのですが、
毎回、無料でもらえるおまけがあります。
最近はいつも「ぽんせん」をもらっていて、これがなかなかうちの子達に好評なのです。
魚沼産のお米を使用し(飼い主だって食べた事がない魚沼産!)、
低カロリーで無添加無着色、保存料不可となかなかの良い感じのおやつです。
1枚が大きいので小さく割ってあげますが、
おやつは毎日あげませんし、みんなに割ってあげたとしても半分以上は残ります。
そのまま数日経ってしまい残ってしまったものでも、
おまけなので気兼ねなくポイできますが、やっぱりもったいないですよね・・。

ということで、おせんべいになってないものを買ってみました。
子供の頃、トラックが来るのが楽しみだったポン菓子。
まさしくそのポン菓子のようなおやつ「白米ぽん」


e0254829_15185777.jpg

こちらはチャック付きの袋に入っていて、保存するのも簡単です。
一粒食べてみましたが、普通に美味しかったです(*‘∀‘)
甘くないポン菓子。
さすが魚沼産のお米やな・・・。


ちろるは全く躊躇なく、掃除機のごとく吸い込んであっという間になくなりました。
早すぎて写真なんて撮れない💦
ぽぷらと蒼は一応調べてから、吸い込んでいきました。


e0254829_15192536.jpg

e0254829_15193399.jpg


育ちゃんはひとつお試しで食べて、残った3粒をほっぺに収納。
3粒以上は無理なのか4粒目は無視されました。
杏は頬袋に入れる事なく一粒づつ食べてました。


e0254829_15191658.jpg


ロボの2匹も食べてくれたのに、唯一食べなかったのはこの方・・
かんなさん。


e0254829_15450887.jpg



彼女は乾燥バナナをはじめとする、甘い果物のおやつが好きなようです。
というか、果物のおやつやたんぽぽ以外は受け取ってさえくれません。

同じジャンガリアンでも性格はもちろん、
食べ物の好みも違いますし、寝相だって違います。
本当におもしろいなぁって思いますね!








[PR]
# by monami-n | 2016-01-07 16:01 | ハムスター

旦那さんとふたり暮らし。いたってささやかな毎日とペットのことなどぽつぽつと・・


by もなみん