ミミの育児 その1

もう4月も半ば・・
もうちょっとこまめにblog更新したいとは思うのですが、なかなか・・(;´・ω・)
まぁ自分の記録的にやってるblogなので、無理なくが一番だと思っております!

4月14日、熊本を震源地とした大きな地震がありました。
TV見てましたら番組がいきなり特別放送に切り替わりました。
震度7というのが目に飛び込んできて、えええ?!
震源地が熊本だということで、旦那さんの親戚が鹿児島にたくさんいらっしゃるので、
まずそちらの安否が気になりましたが、大きな被害はなくホッとしました。
あと私が独身の頃の知人が大分にいらっしゃいますが、年賀状のやり取りのみな今、
メール等で連絡もできていませんが、ご無事でいらっしゃると信じています。
私は阪神・淡路の時は奈良。東北の時は東京と、どちらも震源地付近に住んではいませんが、
大きな揺れは体験しております。震度5がどれほど怖い揺れなのか・・
それなのに震度7や震度6などが繰り返されては、気持ち休まることがないと思います。
地震は今も余震が繰り返し、被災された皆様には心からお見舞い申しあげます。
私には心ばかりの募金くらいしか支援はできませんが、
今まで通りの変わらない日常生活をしっかり送りたいと思います。


さて我が家の可愛いロボロフスキーのミミが出産したのが3月21日。
今日でちょうど1ヶ月になります。
赤ちゃん達はすっかり大きくなり、母と子のケージ分けもしましたが、
この1か月に渡るミミの育児を振り返りたいと思います。


ʕ•̫͡•ʔ♪生後0~1週目

ミミはハウスに巣を作らず、回し車の前辺りに巣作りしたようでした。
産まれてから2.3日は泣き声も小さくて、赤ちゃんは元気なのか・・何匹いるのかな?って、
いろんな事が気になりましたが、ミミがエサを食べにきたら、
そのまま回し車辺りに盛られた巣の中に戻って行くのを見ては、皆ちゃんと育ってるって信じていました。

e0254829_16572062.jpg


生後4日目。
やっと赤ちゃんの姿が見えました。無事に育っている姿が見えてホッとしたとともに、
ミミがしっかりと赤ちゃんを守って授乳させてる姿を見て、とても嬉しく思いました。
すごく長く感じた1週間でした。


ʕ•̫͡•ʔ♪生後2週目前半

この頃になると赤ちゃんの鳴き声は非常に力強くなって、
ミミがエサを食べにくると、ママがいなくなったことで更に大きな鳴き声になります。
赤ちゃんの数はしっかりと確認はできないものの、
手足を動かして、元気な姿がしっかり見れるようになってきました。

e0254829_16573534.jpg


e0254829_17131972.jpg

エサはペレットを中心に、鳥のささみを茹でたものや卵白、キャベツやブロッコリー、人参、かぼちゃなどの野菜。
そばの実、大麦、ペットミルク、煮干し、ペットチーズなどを無駄になることを前提に、
とにかく足りないことがないように1日2回入れ替えていました。
ペレットは普段ミミが食べてるハムセレに加え、たんぱく質量が高いニッパイの白袋
そしてミミがハムセレとともに出産前よく食べていたGEXのプレミアムフード
このペレットは低脂肪なので、ハムセレからこのペレットに移行できればなぁ・・と思って買ってみましたが、
我が家はどの子もカリカリとよく食べて非常に好評です。
ただ粗繊維量が少ないので、その辺は生野菜等で補う必要があると思っています。

2週目に入ったあたりから赤ちゃんの動きが活発になり、
ミミが一息ついてるともぞもぞと動いて、数匹が巣から出てしまいます。
ミミも初めての育児でうまく巣が作れなかったのかもしれませんが、
あっという間に赤ちゃんが巣からこぼれてしまようでした。
そのたび、必死で巣材の山をかき分けてあかちゃんを探し咥えて巣に戻す。
戻してる間にまた違う子が巣からもぞもぞと動いて出る始末。
また探しに行って戻って、また探す・・
それなりの長い時間、その動作を一生懸命繰り返しやってるミミを見ていたら、
ケージの外から「頑張れ!」としか言いようがなく、本当に涙がでてしまったり・・。


e0254829_16520161.jpg

赤ちゃんはすっかりミニサイズのロボロフスキー。
見てるだけで優しい気持ちになって、可愛くて仕方なくなってきますね(*´ω`)




[PR]
by monami-n | 2016-04-18 17:53 | ハムスター

旦那さんとふたり暮らし。いたってささやかな毎日とペットのことなどぽつぽつと・・


by もなみん