ミミの育児 その2

ʕ•̫͡•ʔ♪生後2週目後半

ミミの育児疲れが目に見えて分かってきて、赤ちゃんよりもミミの方が心配でたまりませんでした。
そんなある日、ミミがエサを食べてる間に巣から出てしまった赤ちゃんを一生懸命集めていて、
しばらくしたら今まで見向きもしなかったハウスに運んでるようでした。
あぁ・・やっとハウスに引っ越しするんだと思っていましたら、
赤ちゃんを1匹咥えながら、ハウスと今まで巣だった回し車とを行ったり来たりを繰り返し、
赤ちゃんを回し車の上に置いては、回し車を2・3回ほど回すのです。
赤ちゃんも随分しっかりしてきたとはいえ、回されて何かあったらと思うと、
心配でたまりませんでしたが、手出しはもちろんできません。
ミミのストレス解消になればと回し車をそのままにしていましたが、
ミミがハウスで落ち着いたのを見て外しました。

育児するための巣をケージに入れたハウスにきっちり作ってくれたのなら、
回し車はケージ内に置いておいても何ら問題はないと思いますが、
いろんな予測不可能な出来事が起こる事を考えたら、やはり外しておいたほうが安全だと思いました。


e0254829_17142648.jpg

すっかり憔悴したミミ。私はそんなミミの姿を見て、
もしかしたらミミはこのまま・・・などと、悪いことを考えたりもしました💦
それほどミミはぐったりして、本当に辛そうでした。
そんなミミとは逆に赤ちゃん達は一日一日と成長して、
自分でエサを食べたりお水を飲んだりと、すくすく育っていました(^.^)


e0254829_17141267.jpg

e0254829_17143769.jpg

ʕ•̫͡•ʔ♪生後3週目

生後3週目に入ったらケージのお掃除しようと思っていましたが、
自分たちでご飯を食べる子も増えてきたようなので、18日目でお掃除しました。
うん・・においは強烈でしたね(笑)
この時初めてしっかりと赤ちゃんは5匹だと確認できて、床材を探ってみましたが、
亡くなった赤ちゃんの形跡も見えず、生まれた子全員が元気に育ったことが分かり、
本当に心から安心できました。


e0254829_18105252.jpg
e0254829_18101578.jpg


この頃には育児も山を越えたのか、ミミも元気を取り戻したようでした。
ただケージをお掃除する前と違って、ミミが赤ちゃん達がいる場所に行こうとしません。
常に離れた場所で寝ています。
赤ちゃん達のうち2匹は、ママを探してはミミの元に行くのですが、
残りの3匹はすっかり離乳したのか、回し車に乗ったり、ハウスの中で寝たりしていました。
差はあれど、離乳がはじまっているんだなぁと思いました。

e0254829_18143697.jpg

赤ちゃんの一日の成長の幅は本当に大きく、お掃除を機に回し車も入れたのですが、
最初はただただ歩くだけだったのに、次の日にはヨチヨチながらもしっかりと回すのですよね!


e0254829_18204136.jpg


ʕ•̫͡•ʔ♪今日で生後1ヶ月

さすがは五つ子 どの子も大きな違いもなく、またミミが一生懸命頑張って育ててくれたおかげで、
他の子にくらべて小さいな・・と思える子もいません。
なので全く見分けがつかないのですが、男の子と女の子を分けました。
男の子が3匹、女の子が2匹でした。
間違っていないことを祈るしかありませんが・・💦
名前も決めました。男の子はテンちゃん、レイくん、竜之介。
女の子はさくらとしのぶです。
まぁ分かる人には分かると思いますが、最初にテンちゃんという名前を付けた子がいたこともあって、
アニメ「うる星やつら」から名前は引っぱってきました( *´艸`)

ハムスターの育児はその種類に関わらず、母親は命削って育てるのでしょう。
飼い主は、育児に適したエサを用意し、安心できる環境を整えてあげる事しかできません。
母親に全てを託すほかなく、時には心配で眠れなかったり、
ケージの前でただオロオロするしかなかったり・・。
得難い良い経験ができたと思います。命の尊さも改めて実感できました。
5匹が元気に育ってくれて本当に嬉しく、ミミに感謝しています。
ミミ本当にありがとう!
そして5匹がこれからも元気に少しでも穏やかに楽しく、過ごしてくれるように頑張りたいと思います。




[PR]
# by monami-n | 2016-04-18 18:47 | ハムスター

ミミの育児 その1

もう4月も半ば・・
もうちょっとこまめにblog更新したいとは思うのですが、なかなか・・(;´・ω・)
まぁ自分の記録的にやってるblogなので、無理なくが一番だと思っております!

4月14日、熊本を震源地とした大きな地震がありました。
TV見てましたら番組がいきなり特別放送に切り替わりました。
震度7というのが目に飛び込んできて、えええ?!
震源地が熊本だということで、旦那さんの親戚が鹿児島にたくさんいらっしゃるので、
まずそちらの安否が気になりましたが、大きな被害はなくホッとしました。
あと私が独身の頃の知人が大分にいらっしゃいますが、年賀状のやり取りのみな今、
メール等で連絡もできていませんが、ご無事でいらっしゃると信じています。
私は阪神・淡路の時は奈良。東北の時は東京と、どちらも震源地付近に住んではいませんが、
大きな揺れは体験しております。震度5がどれほど怖い揺れなのか・・
それなのに震度7や震度6などが繰り返されては、気持ち休まることがないと思います。
地震は今も余震が繰り返し、被災された皆様には心からお見舞い申しあげます。
私には心ばかりの募金くらいしか支援はできませんが、
今まで通りの変わらない日常生活をしっかり送りたいと思います。


さて我が家の可愛いロボロフスキーのミミが出産したのが3月21日。
今日でちょうど1ヶ月になります。
赤ちゃん達はすっかり大きくなり、母と子のケージ分けもしましたが、
この1か月に渡るミミの育児を振り返りたいと思います。


ʕ•̫͡•ʔ♪生後0~1週目

ミミはハウスに巣を作らず、回し車の前辺りに巣作りしたようでした。
産まれてから2.3日は泣き声も小さくて、赤ちゃんは元気なのか・・何匹いるのかな?って、
いろんな事が気になりましたが、ミミがエサを食べにきたら、
そのまま回し車辺りに盛られた巣の中に戻って行くのを見ては、皆ちゃんと育ってるって信じていました。

e0254829_16572062.jpg


生後4日目。
やっと赤ちゃんの姿が見えました。無事に育っている姿が見えてホッとしたとともに、
ミミがしっかりと赤ちゃんを守って授乳させてる姿を見て、とても嬉しく思いました。
すごく長く感じた1週間でした。


ʕ•̫͡•ʔ♪生後2週目前半

この頃になると赤ちゃんの鳴き声は非常に力強くなって、
ミミがエサを食べにくると、ママがいなくなったことで更に大きな鳴き声になります。
赤ちゃんの数はしっかりと確認はできないものの、
手足を動かして、元気な姿がしっかり見れるようになってきました。

e0254829_16573534.jpg


e0254829_17131972.jpg

エサはペレットを中心に、鳥のささみを茹でたものや卵白、キャベツやブロッコリー、人参、かぼちゃなどの野菜。
そばの実、大麦、ペットミルク、煮干し、ペットチーズなどを無駄になることを前提に、
とにかく足りないことがないように1日2回入れ替えていました。
ペレットは普段ミミが食べてるハムセレに加え、たんぱく質量が高いニッパイの白袋
そしてミミがハムセレとともに出産前よく食べていたGEXのプレミアムフード
このペレットは低脂肪なので、ハムセレからこのペレットに移行できればなぁ・・と思って買ってみましたが、
我が家はどの子もカリカリとよく食べて非常に好評です。
ただ粗繊維量が少ないので、その辺は生野菜等で補う必要があると思っています。

2週目に入ったあたりから赤ちゃんの動きが活発になり、
ミミが一息ついてるともぞもぞと動いて、数匹が巣から出てしまいます。
ミミも初めての育児でうまく巣が作れなかったのかもしれませんが、
あっという間に赤ちゃんが巣からこぼれてしまようでした。
そのたび、必死で巣材の山をかき分けてあかちゃんを探し咥えて巣に戻す。
戻してる間にまた違う子が巣からもぞもぞと動いて出る始末。
また探しに行って戻って、また探す・・
それなりの長い時間、その動作を一生懸命繰り返しやってるミミを見ていたら、
ケージの外から「頑張れ!」としか言いようがなく、本当に涙がでてしまったり・・。


e0254829_16520161.jpg

赤ちゃんはすっかりミニサイズのロボロフスキー。
見てるだけで優しい気持ちになって、可愛くて仕方なくなってきますね(*´ω`)




[PR]
# by monami-n | 2016-04-18 17:53 | ハムスター

ミミの出産

靖国神社の標本木が芽吹き、東京に桜の開花宣言が出されました。
寒い冬は去って、暖かな陽射しが嬉しい春がやっとやってきました!
ですが、私はどうやら今年から花粉症再デビューしたようで、
非常に辛い春になっております。
来年はちゃんと病院に行こうと思います( ̄σ‥、 ̄)ジュルジュル・・・
鼻炎薬って高いですねぇ・・目薬も高い!

さてそんな開花宣言がでた昨日、我が家のチビちゃんの♀の方。
ミミが赤ちゃんを産みました(*'ω'ノノ゙☆パチパチ
ミミは普段の体重は25㌘くらいなのですが、3月15日には27㌘に増えていました。
少し前にも27㌘まで体重が増えたことがあり、
その時も念のためとココとケージを分けたときは、翌日には25㌘に戻っていました。
そのうえ、ココと分けられた寂しさからか、毎日乗ってる回し車にも乗らず、
ご飯もあまり食べなくって、その次の日には24㌘にまで体重が減ってしまい、
2匹には申し訳ないことをしたなぁと思った事があったので、今回は慎重に様子を見ていました。
27㌘が15.16日と2日続き、普段はしないケージの床に敷いてる新聞紙をビリビリにして、
ミミに巣作りの行動が明らかに見られて、17日には体重が28㌘に増えたので、
そのタイミングで妊娠は間違いないと確信し、ココとケージを分けました。


e0254829_14472223.jpg

出産前日のミミ。
ほっぺにご飯いっぱい入ってますね( *´艸`)

e0254829_14473074.jpg

お尻もふくよかに・・。
横にぽってりと広がっています。

3月19日には30㌘。
3月20日には32㌘。
普段よりも7㌘増えています。
とにかくミミは落ち着きなく回し車に乗り続けています。
回し車に関しては、取り外すか取り外さないかでは意見が大きく割れそうですが、
回し車が大好きなミミなので、ストレス発散になるだろうと、悩みに悩んでそのままにしておきました。
飼育本やネット等を参考に、個体差等々を考えても、もう2.3日中には産まれそうだなぁと・・。

翌21日。朝、ケージの中を見たら、

e0254829_14474879.jpg

床材が盛り盛りになってました。
ミミと赤ちゃんが入れるくらいの巣箱を入れておいたのですが、
ミミは使う気が無いようです・・。
ちょっと大きすぎたのかな・・。
まぁ普段からあまりハウスは使ってくれてなかったですけどね💦
この様子を見て、今夜辺りかな・・と思っていましたら、
お昼過ぎ、キュイキュイという声が聞こえます。
あれ?あれれれれれれ???
赤ちゃん?赤ちゃんの鳴き声じゃないの?!

焦りました💦
朝には産まれていたんだとてっきりそう思って、
「うっわぁ💦朝、ケージの中いっぱい見ちゃったけど・・」って、もう本当にうわーうわー(゚Д゚;)
オロオロしつつ、とにかくご飯をがっつりあげておこうっと思っていたら、
ミミがやたらと回し車に乗っています。
もしかしたら・・今産んでる?
2重のオドロキです!
まさかお昼間に産むとは思っていなかったので、心底ビックリしました。

昼の出産は異常出産であることが多いと読んだことがあったので、心配で心配で・・。
でも私が一人オロオロしてる間に、ミミは頑張って赤ちゃんを産んでいました。
元気な鳴き声がしています。
何匹産んだのかは全く分かりませんが、鳴き声を聞く限り4匹はいそうです。
もう飼い主にできることは、ご飯を用意することと、安心して育児ができる環境を作ってあげることです。

愛ハムに赤ちゃんができたことは、本当に感動で嬉しいことですが、
正直、同じくらい心配や不安でいっぱいです。
みんな、元気に育ってくれるかな・・。
育児放棄したらどうしよう・・。
子食いだって、決してないわけではありません。
ママハムになったミミから巣立たせることができる生後1か月を迎えてはじめて、
心から嬉しい!って思えるように感じています。

e0254829_14473833.jpg

パパになったココ。
もうミミと同居させることは難しくなってしまいました。
ミミと別居させられてからというもの、心なしか元気がありません。
あんなに乗ってた回し車にも乗らず、ただただじーっとしています。
ココ、お願い!元気出してよ!!
人間の勝手で愛する奥さんであるミミと分けられたのですから、無理もありません。
本当に申し訳ない・・。
でも本当に仲良しの2匹なので、赤ちゃんが無事に巣立ったら、
少しでも近くにいさせてあげたいと思っています。






[PR]
# by monami-n | 2016-03-22 15:54 | ハムスター

旦那さんとふたり暮らし。いたってささやかな毎日とペットのことなどぽつぽつと・・


by もなみん